ほ う じ 茶 ラ ボ ボ 動!
0 Kommentar
茶 う じ 茶 ..... み な さ ん は ど う や っ て 作 る か 知 ​​っ て い ま す か?
DiesmalOgura Teegarten の 小 倉 さ ん に 協力 し て い た だ だ 、YUNOMIオ リ ジ ナ ル の ほ う じ 茶 商品 を ​​作 っ て み よ う と い う 話 に な り ま し た。
今 回 、 ま ず は ご あ い さ つ と い い こ と で 、 神奈川 神奈川 県 小田原 に あ あ るTEEFABRIK 如 春園に 伺 い ま し た。
  
お 店 に 入 る と 、 左手 の 工房 に こ ん な 機械 が。
な に に 使 う も の か 、 わ か か ま ま す??
  
     

  
茶葉 を 焙 煎 す る 機械 で で す
    
「実 際 に ほ う じ 茶 を 作 っ て み ま し ょ う。」 と い い こ と で 、早 速 、 ほ う じ 茶 作 り を 見 せ て い た だ け る こ と に。
 
 
ま ず 火 を つ け て 、 筒 が あ た た ま る ま で 待 ち ま ま。
筒 が あ た た ま っ た ら 、 茶葉 を 入 れ ま す。 
と き ど き 、 中 の 茶葉 を 取 り 出 し て 、 火 の 入 り 具 合 を 確認 し ま。。
      
     
 
 
こ う や っ て 確認 し な が ら 、 、 ど こ ま で 茶葉 を焙 じ る の か 決 め ま ま す
焙 じ る の は こ こ ま で 、 と い う タ イ ミ ン グ が 来 た ら 、 茶葉 を り り 出 し ま。。
 
 
 
     
い い 香 り で す。
空間 が 、 お 茶 の い い 香 り で 満 満 ち い ま す。
       
     
    
        
取 り 出 し た 後 、 風 を あ て て 、 茶葉 を 冷 ま し ま す。
         
Ich habe es getan.
       
         
  
 
ほ う じ 茶 を 作 る 過程 を 見 る の は 、 今 回 が 初 め て。
実 際 に 目 に し た こ と で 、 色 々 な こ と を 知 り ま し。 気 づ い た こ と も た さ ん ん
    
 
【今 回 学 ん だ こ と】
   
使 う 茶葉 に よ っ っ 、火 の 入 り 方 が 違 う。
  
Das bedeutet das
「焙 煎 機 の 温度 が ◯◯ ℃ に な っ た と き 、 茶葉 が ◯◯ 色 に な る」
「◯◯ ℃ で 茶葉 を 取 り 出 せ ば 、 お い し い ほ う じ 茶 が で き る」
と い う こ と で は な い と い う こ と で す。
   
だ か ら こ そ 、 焙 煎 機 の 温度計 に 頼 ら ず 、 分 分 目 目 火 の 入 具 合 を 確認 す る と が 、 、 
     
興味 深 い こ と に 、 茶葉 の 肥料 の 入 り か た に よ っ て も 、 火 入 り 具 合 が が
      
ほ う じ 茶 作 り 、 奥 が 深 そ う で で。 
今 回 は 、 試 し に 3 種 の ほ う じ 茶 を 作 っ て み た の す が 、 こ ち ら の
  
 
◇ 今日 の ピ ッ ク ア ッ プ ほ う う じ
屋 久 島 の 八 万寿 茶園 さ さ の ほ う う じ 茶
浅 煎 り タ イ プ 、 し ゃ き っ と し た 味 わ い で す。
 
Hojicha

Schreibe einen Kommentar

す べ て の コ メ ン ト は 公開 前 に モ デ レ ー ト さ れ ま ま す